【バンコク】 人気の都市のホテル価格を30予約サイト一度に比較

バンコクのホテルを楽しむ失敗しない予約の取り方

バンコクのホテルの予約は、旅行前の計画が大切

Bkk-grandpalace-jpatokal

バンコクのことは、知らないことが多いのですから、できるだけ時間をかけて旅のプランをすることが大切です。

プランといっても、そう大げさなものではありません、バンコクのホテルや現地の様子を思い描きながら、一緒に行く方々と、行きたい場所や、食べたいレストランや、利用したいホテルなど、あれこれ相談しながら、プランを練るのも旅の大きな楽しみのワンシーンですよね。

そう、旅の楽しみは、出発前から始まっているのです。

ホテルの予約のプランニングは、次の二つのステップで行うことを、おすすめします。

きっと、楽しい旅になるはずです。

1.どのホテルを利用するのかを決める【ホテルを選ぶ】

人それぞれに、旅の目的や誰と一緒かなど、旅を取り巻く環境が違いますので、同じホテルを使っても、それぞれの方でホテルを利用しての満足度は違います。目的が違うので、必ずしも五つ星ホテルが満足度が高いとも限りません。
何度も現地に足を運ぶと、自分の目的にはどのホテルが合っているのかが、わかってきますが、それまでは、旅行本やウエブサイトを参考にしながら利用されるホテルを決めましょう。
当サイトでは、全世界の旅行好きの皆さんが自分の経験を、口コミで書いたり、他の方々の口コミを参考にしているトリップアドバイザーを紹介しています。海外の方の口コミも多くは日本語訳されていますので、ホテル選びの参考になると思います。
このページの右側の「口コミチェック」をクリックください、トリップアドバイザーのサイトへリンクされます。

2.お得に予約する【最安値で予約】

利用するホテルが決まったら、お得に予約です。
あまり、知られていませんが、同じホテルの同じ部屋でも、いろいろな価格で販売されています。
海外では、ホテルの予約は、Expedia,Agoda,Booking.comなど世界中の予約サイト(日本では、楽天トラベルさんやリクルートグループのじゃらんさんが有名ですね)が独自の価格設定で、ホテルの部屋を販売しています、もちろん日本からも予約が可能です。
当サイトでは、世界で有名な約30の予約サイトさんの価格を一括検索して、お得な料金を一覧比較し、最安値を簡単に見つけられるシステムを提供しております。
このページの右側の「最安値サーチ」をクリックください、世界中のホテルの最安値サーチができるページを表示することが出来ます。
また、利用されたい日程などが決まっている方は、「ホテル検索」サーチボックスの各項目に入力し、「検索する」をクリックください。
入力された条件で空室のあるホテルの一覧が、税・サービス料金込みで一覧表示され、表示されている予約サイトさんのリンクをクリックすることで簡単に予約もできます。

きっと、こんなにも価格が違うのかと、驚かれると思いますよ。

バンコク旅行情報

Bkk-grandpalace-jpatokal

バンコクの概要

交通の要所である上に観光資源が豊富なこともあり、東南アジア観光の中心地でもある。寺院や歴史的建造物が多数存在する他、物価も比較的安いことから、カオサン通りなどバックパッカーが集まる一帯もある。

他にも、中心部にある「パッポン通り」や「ソイ・カウボーイ」などはバーやクラブが立ち並ぶなどナイトライフが活気を見せている。これらの地域はベトナム戦争当時、レスト・アンド・レクリエーションのためにバンコクを訪れたアメリカ軍兵士が多く来たことから急速に発展し、現在も世界各国の多くの観光客をひきつけている。

バンコクの気候

バンコクは熱帯に位置し、年間を通じて最高気温は33℃前後、最低気温は20度から25度を保つ。バンコクの季節は、5月から10月にかけての蒸し暑く雨の降る雨季、11月から2月のやや涼しく過ごしやすい乾季、そして2月から5月にかけての雨があまり降らず非常に高温となる暑期の3つに分かれる。

一年を通じて気温の変化はほとんどなく、年間の最低平均気温は約24度、最高平均気温は約31度、また、平均湿度は約78%である。いつでも暑く湿度も高いが、体に感じる暑さは、海からの風によって和らげられている。

気をつける

宝石詐欺が多発する。「今日はキャンペーンセールの最終日。日本で転売3倍にはなるよ!」と言われても絶対買わない方がいい。類似なものに、高級ブランド服のテーラー詐欺 (VENUS HOUSE) 等がある。いずれも「王宮は今日は臨時で休みだよ」「僕はTAT(政府観光局)のものだよ」と声をかけてきて、「観光穴場の寺院がある」「ラッキーブッダ」などと無名で人気(ひとけ)が無い寺院に客引きにトックトックで送り込まれる。そこで(携帯電話で詐欺仲間から連絡済みの)偶然を装った別の人物が話しかけてきて、「あなたの宗派は何なの?」「日本企業の人を何人でも知ってる。」「あなたは何てラッキー。地元の新聞掲載の最終日のキャンペーンがあるよ」「地元の私もここで購入したんだよ」と巧みに詐欺に誘導される。数時間束縛されることもあり、お金も時間も勿体無いので、そういった勧誘はきっぱりと断るべきである。(参考:タイ国政府観光庁『宝石詐欺にあわないために』[44])

質の悪いタクシーが多い。タクシーは料金の交渉制とメーター式があるが、不慣れな外国語での交渉はトラブルの元になるのでオススメはしない。また、メーター制でもわざと遠回りをしたりする者もいるので、不審だと思ったらすぐにタクシーから降り、次のタクシーを捕まえよう(タクシーは大量に流しで走っているので、よっぽど辺鄙なところでない限り、すぐに捕まえられる)。すぐ脱出できるように荷物はなるべくトランクに詰めずに自分の傍らに置いておくこと。 また、「僕の友人が経営してるから、安くするよ」などとマッサージ店を薦めてくるタクシーの運転手もいるが、連れて行かれるのはマッサージパーラーという風俗店で、かつ確実にボッタクリの料金になっているのできっぱりと否定すること。

屋台での食事にも注意。バンコクでは無数の屋台が立ち並び、バリエーションに富んだメニューと安価な料金(チャーハン20B、チキンと野菜の炒め物30B程度から)で庶民の料理が楽しめる。しかし、衛生的には日本人が満足できる状態になっている屋台は少なく、下痢を引き起こすことも多い。生の果物や刺身などのメニューには特に注意が必要であるが、料理に使う油や食器、ドリンクメニューの氷も安全とは言い難いので、胃腸が弱い人は屋台での食事は控えたほうが無難である。なお、2005年7月に施行された条例により、市内では月曜日に屋台を営業することが禁止されている。

寺院では、崇拝されているものはいかなるものでも持ち帰ることは罰則となりうる。また、寺院内では女性が僧侶に話しかけたり、僧侶の体に触ることは僧侶の修行の妨げとなるため禁止されている(たとえ夫婦であったとしても、男性が女性の腰に手を回したりするような行為も禁止)。また、最低限の礼儀として、寺院に肩が出る服装やショートパンツなどの脚が露出される服装で行く事は慎むことが推奨されており、実際にそのような服装で行くものは皆無である。

不敬罪が存在するが、国王や王族の功績が高く評価され、国民の間に自発的に尊敬の念が起きていることもあり、実際にタイ国民がこの罪に問われることはほぼ皆無である。「訪問国やその王室を批判しない」という外国人として最低限のマナーをわきまえていれば不敬罪に問われることは無い。

バンコクの在外公館

在タイ日本国大使館  (Embassy of Japan in Thailand)
タイを担当する日本大使館である。領事窓口は、在チェンマイ総領事館の管轄を除く地域を担当している。医療・治安等の生活情報、入国・通関(ペット等)、日・タイの文化情報などを提供している。なお訪問時は、写真付き身分証明書の提示を求めているため、注意が必要である。
所在 177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan.
電話 (+66-02) 207-8500
FAX (+66-02) 207-8510
時間 領事窓口 8:30~12:00、13:30~16:00。土日・日本・タイの祝祭日休館。
料金 各種証明書、旅券等有料。手数料はバーツ払いである。

Yahoo知恵袋 最近のバンコクQ&A

Web Services by Yahoo! JAPAN